手を合わせる

葬式の時の服装

お葬式に参加することになった場合に気にする事の一つとして服装がありますよね。黒い服装で行くというイメージはあると思いますがアクセサリーの有無など細かいところについて理解していない方も中にはいらっしゃるかもしれません。そこで今回は、お葬式における服装の注意点について書いていきます。
お葬式においては基本的に喪服を着用します。男性の場合はブラックフォーマルを着用するようにし、ブラックスーツに白シャツ、黒の無地のネクタイを着用し靴には金具の無いものを使用します。アクセサリーは腕時計など結婚指輪以外のものは外すようにしましょう。
そして女性の場合は、肌をあまり見せないような服装で黒のワンピースやアンサンブル、スーツなどを着用します。夏場などで長袖が難しい場合でも五分袖まであるものが好ましいです。アクセサリーに関しては、涙をイメージさせるパールのイヤリングやネックレスなどは着用しても大丈夫です。しかし、着用するアクセサリーがパールが2つ以上ついているイヤリングや2連になってるネックレスは不幸なことも連鎖させるという意味を持ってしまうため、着用するのはパールが1つのものや1連のものに限定した方が良いです。

Choices Article

  • 参列の流れとマナー

    葬式といえば人が亡くなった時に開かれるものであり、ご遺族にとってはとても悲しいことでもあります。そんな葬式ですから手順も様々なものがあ…

    MORE
  • 葬式の時の服装

    お葬式に参加することになった場合に気にする事の一つとして服装がありますよね。黒い服装で行くというイメージはあると思いますがアクセサリー…

    MORE
  • 区民葬や家族葬で葬式費用を安くできる

    愛する家族を失う悲しみは計り知れないものがあり、それは家族の絆が強ければ強いほど大きなものとなり、その気持ちは他の人では理解することが…

    MORE
  • 葬儀の後の埋葬に土葬はできるのか?

    葬儀が終わった後というのは一般的に火葬で遺体を処理しますが、昔は土倉で遺体は処理されていました。現代で土葬を行うとすることは可能なので…

    MORE