手を合わせる

葬儀の後の埋葬に土葬はできるのか?

葬儀が終わった後というのは一般的に火葬で遺体を処理しますが、昔は土倉で遺体は処理されていました。現代で土葬を行うとすることは可能なのでしょうか?
【1.現代の日本では基本的に土葬は禁止されている】
基本的に現代では土葬は禁止されていることが多いです。条例レベルで火葬しかできないようになっていることがほとんどで、土葬をできる地域はほとんどありません。理由としては、感染症といったものの予防という観点もあるでしょうが、土葬をする場合ですと遺体を埋めるためのスペースというものがどうしても必要となりますので、その土地の確保という面でも火葬の方が優れているからです。そういった理由でほぼ全国的に火葬になっています。
【2.だが一部や必要なときにはできることもある】
ただし、一部ではありますが土葬をすることも可能です。そもそも埋葬法では土葬を禁止してはおらず土葬も可能です。できるといっても山梨県の一部の地域といったごく限られた地域でしかできません。また、東日本大震災の時のように火葬をするための資材や場所が足らなかったりする時や、身元不明であったり遺体保存のためのドライアイスが足りないなどといったときに、葬儀の後に土葬をするというようなことを取ったという例があります。

Choices Article

  • 参列の流れとマナー

    葬式といえば人が亡くなった時に開かれるものであり、ご遺族にとってはとても悲しいことでもあります。そんな葬式ですから手順も様々なものがあ…

    MORE
  • 葬式の時の服装

    お葬式に参加することになった場合に気にする事の一つとして服装がありますよね。黒い服装で行くというイメージはあると思いますがアクセサリー…

    MORE
  • 区民葬や家族葬で葬式費用を安くできる

    愛する家族を失う悲しみは計り知れないものがあり、それは家族の絆が強ければ強いほど大きなものとなり、その気持ちは他の人では理解することが…

    MORE
  • 葬儀の後の埋葬に土葬はできるのか?

    葬儀が終わった後というのは一般的に火葬で遺体を処理しますが、昔は土倉で遺体は処理されていました。現代で土葬を行うとすることは可能なので…

    MORE